令和元年度人間総合科学研究科 第3回FDプログラム :令和元年10月30日(水)開催

学位プログラム制で     何が変わるのか ! 

日  時 :1030日(水) 14001600

場  所 : 総合研究棟 D 116(公開講義室)

1.趣旨・目的

来年4月からの実施が決定した「学位プログラム制」。  

 今回は,①新しく設置される「教学マネジメント室」 ②新しく導入される「共通専門基盤科目」 について研究科全体で共通認識をもつ機会とします。

 教職員・院生特に,TFを目指すTA)だけでなく、 大学院進学を考えている学生の参加も歓迎します。

2.プログラム

第1部 「教学マネジメント室の役割」 

                             山中正 準備室長

 第2部 「共通専門基盤科目とは」

                     内山治樹 研究科長
               たに設定した科目の概要説明 

     「教育学理論研究」 「次世代教育開発研究」 「Theory of International Education」   樋口直宏 先生

          「世界遺産を科学する」       吉田正人 先生
             「医科学セミナー基礎」         入江賢児 先生

             「人間総合科学基礎論」       内山治樹 先生

 質疑応答

                  

問合せ:人間総合科学研究科運営担当(029-853-2991・2996)

令和2年度日本学生支援機構大学院奨学生予約採用(第一種・第二種)の第2回募集について

令和2年度日本学生支援機構大学院奨学生予約採用(第一種・第二種)について、第2回募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。

なお、予約採用申請時点で有職者のうち、大学院進学に伴って退職(または稼働の縮小等)を予定している場合については、収入の関係で「大学院進学後に在学採用で手続きした方が有利」となるケースもあります。申請時点での収入による判定になることから、日本学生支援機構で規定する収入額を超えていると、第一種奨学金や入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けられない場合等がありますので、詳細については進学先の専攻に対応している支援室に問合せてください。

【筑波大学HP;日本学生支援機構の奨学金】

https://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho

また、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、当ページからリンクされているファイルを活用していただくこともできます。ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

▽人間総合科学研究科用様式:suisenshoken_CHS

*問合せ*

筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※

※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記HP参照)。

2019度人間総合科学研究科学生の集いを開催しました:令和元年7月10日(水)開催

【令和元年度(2019年度)】

人間総合科学研究科主催による学生の集いを、令和元年7月10日(水)15時から学内にある野性の森(野外活動実習場)において、研究科所属の大学院生が世話人となり、筑波大学野外運動研究室の坂本昭裕教授及びスタッフのサポートにより開催しました。

この学生の集いは、研究科内学生のメンタルヘルス対策の一環として、29専攻の垣根を超えて、学生同士で自由に交流できるシステムを構築するため、平成25年度より開催しております。今年度で7回目の開催となり、約60名の大学院生が参加しました。

昼の部の問題解決能力向上をねらいとしたASE体験や夜の部のアウトドアパーティーなど、専攻や研究分野を越えてコミュニケーションを深め、たくさんの笑顔が印象的な集いとなりました。

令和元年度人間総合科学研究科 第2回FDプログラム :令和元年7月24日(水)開催

◆日時:令和元年7月24日(水) 14:00~16:00

◆場所:筑波大学 総合研究棟D 116(公開講義室)

テーマ:はばたけ、世界へ。

趣 旨

世界で活躍できる人材養成は本研究科の大きな柱の1つである。

今回は研究科で支援を行った「武者修行型学修派遣支援」による成果を大学院生2名に報告してもらい、海外に出ていくことの意義を共有する。

また、人間系助教タスタンベコワクアニシ先生と芸術系教授山中敏正先生にこれまでの研究の歩みを講演いただき、世界を舞台に研究することの意義を共用する。

第1部 「人間総合科学研究科武者修行型学修派遣支援事業」報告

14:00-14:05 挨拶と趣旨説明 内山治樹研究科長

 14:05-14:25  「米国における障害のある生徒の通常教育の教室へのインクルージョンを支えるピア・サポートの配置の実態 ―米国ミシガン州A学区での現地調査をもとに―」

                                          西川 めぐみ(障害科学専攻)

 14:25-14:45  「台湾の大学付属病院における外国人患者の受け入れ方法と現地医療従事者と外国人介護者との協働の現状」

                                           中田 えいみ看護科学専攻)

第2部 講演会

14:45-14:50  講師紹介 内山治樹研究科長

14:50-15:25  「比較教育学研究における『移動する』研究者のポジショナリティ」        

                   タスタンベコワ クアニシ人間系・助教)

15:25-16:00  「デザイン|留学|転職|感性|留学→人間総合科学」            

                   山中 敏正(芸術系・教授)

 *問合せ* 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当  電話:029-853-2991/2996

令和元年度人間総合科学研究科第1回FDプログラム:令和元年5月29日(水)開催

◆日時:令和元年5月29日(水) 14:00~16:00  

◆場所:筑波大学 総合研究棟D116(公開講義室)

1.趣旨・目的

  本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

  今回は、TFとして授業に臨むときの姿勢や必要なスキル等について、生涯発達専攻、スポーツ医学専攻、フロンティア医科学専攻の先生方に、モデル授業を実施していただくことになりました。

  これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学内の希望者の参加を期待しております。

2.プログラム内容 

    進行:内山 治樹(人間総合科学研究科長)

  モデル授業

    その1  ・・・・・・・・・・・・・・・・・14:00~14:40

      「QOLのアセスメントと認知症」 

       河野 禎之(人間系・助教)

    その2  ・・・・・・・・・・・・・・・・・14:40~15:20    

      「スポーツによるけがの発生要因と予防」 

       福田 崇(体育系・助教)

    その3  ・・・・・・・・・・・・・・・・・15:20~16:00

      「English Discussion & Presentation on Medical Sciences

        ~テレビ会議システムを活用した遠隔中継講義と学生の能動的学修~」 

       入江 賢児(医学医療系・教授)

    *問合せ* 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当  電話:029-853-2991/2996

長期履修制度について(平成31年度4月入学予定者対象)

人間総合科学研究科の一部の専攻では、長期履修制度を導入しています。

長期履修制度とは、職業等に従事しながら学習を希望する人々の学習機会を一層拡大する観点から、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修したい旨の申し出があった場合は、個別審査のうえ、その計画的な履修を認めることができる制度です。

該当する専攻の合格者へは、入学手続き書類送付時に「長期履修制度について」(※1)の書類を同封しておりますので、長期履修制度を希望する者は、内容をよく確認し、以下の申請様式(※2)をダウンロードしてご記入の上、締切日までに該当専攻の問合せ先へ提出してください。(体育学専攻は事前相談の締切りを過ぎているため、これからの申請はできませんのでご留意ください。)

※1:「長期履修制度について」 
平成31年度4月入学予定者への長期履修制度の周知文(人間総合科学研究科共通)

※2:申請様式(長期履修申請書、長期履修計画書、証明書類貼付用紙)

参考:人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて

平成30年度人間総合科学研究科第4回FDプログラム

1.趣旨・目的

本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow) の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

すでに3回のFDプログラムを実施し、本研究科の教員によるモデル授業や講演のほか、院生による研究科武者修行型学修派遣支援の成果報告などを行ってきました。 第4回目に当たる今回は、研究科TF優秀賞受賞者のうち、4名のTF院生にそれぞれ「TF公開授業」を実践してもらいます。  これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員、各種研究員等の幅広い参加を期待しております。

2.プログラム

進行:内山 治樹(人間総合科学研究科長)

(1) TF公開授業〈14:00~15:20〉

①植嶋 大晃(ヒューマン・ケア科学専攻・・・・ 14:00~14:20

「現場とデータをつなぐ教育のあり方 ~TFとして考えた意義~」

②酒井 智弘(心理学専攻)                    ・・・・ 14:20~14:40

「人間関係のスキルとトレーニング」

③永冨 大舗(障害科学専攻)                   ・・・・ 14:40~15:00

「セルフマネジメントの理論と応用」

④ヤンセ ヘルガ サーラ カタリーナ(世界文化遺産学専攻) ・・・・ 15:00~15:20

「Some characteristics of intangible cultural heritage/無形文化遺産の特徴について」

(2) FD大賞プレゼンテーション〈15:20~15:30〉

感性認知脳科学専攻

(3) 表彰式〈15:30~16:00〉

TF優秀学生表彰式    研究科FD大賞・FD奨励賞授賞式

*問合せ* 筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営担当(2991)

長期履修制度について(在学生対象)

 人間総合科学研究科では、長期履修制度(注)を導入しており、その取扱いは「人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて」(※1)の通りとなっています。

 対象となる専攻の学生で、当制度の申請を希望する者は、取扱いをご確認いただき、申請書類(※2)を準備の上、指導教員・所属専攻長等へ事前に相談し了承を得てから申請してください。
 平成31年度からの適用を希望する場合の申請期限は平成31年1月31日(木)です。ただし、各専攻により事前相談等の期限を設けている場合がありますので専攻からの案内をよく確認してください。

 また、既に長期履修が認められた学生で許可された期間を変更しようとする者は、申請書類(※3)を準備の上、指導教員・所属専攻長等へ事前に相談し了承を得て申請してください。申請期限については、取扱いをご確認ください。

 そのほか、長期履修制度について不明な点がある場合には所属専攻の事務担当者へ連絡してください。

※1:人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて
※2:新規申請様式(長期履修申請書、長期履修計画書、証明書類貼付用紙)
※3:変更申請様式(長期履修計画変更願、長期履修変更計画書、証明書類貼付用紙)

○対象専攻
・修士課程
 フロンティア医科学専攻、スポーツ健康システム・マネジメント専攻
・博士前期課程
 看護科学専攻、教育学専攻、心理専攻、障害科学専攻、感性認知脳科学専攻、体育学専攻、芸術専攻、世界遺産専攻
・博士後期課程
 看護科学専攻、教育基礎学専攻、学校教育学専攻、心理学専攻、障害科学専攻、感性認知脳科学専攻、体育科学専攻、世界文化遺産学専攻
・3年制博士課程
 ヒューマン・ケア科学専攻
・医学を履修する課程
 生命システム医学専攻

(注)長期履修制度
 職業等に従事しながら学習を希望する人々の学習機会を一層拡大する観点から、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修したい旨の申し出があった場合は、個別審査のうえ、その計画的な履修を認めることができる制度です。
 対象者は、職業を有していること等により、通常の修業年限在学する学生よりも1年間に修得可能な単位数等が限定されることから、通常の修業年限内での課程修了が困難な者で、課程を修了するにあたり、予め修業年限を超えて計画的に教育課程を設定することを希望する者です。

平成31年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第3回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者(予約採用で第3回募集の書類提出期限までに大学院入試が済んでいない専攻については、当該専攻への入学希望者)で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。ただし、第2回募集対象の専攻については、入学内定者・追加募集での受験予定者を問わず今回は手続き対象外となりますので、第2回募集時の手続き漏れ者は進学後「在学採用」に申込んでください。

なお、予約採用申請時点で有職者のうち、大学院進学に伴って退職(または稼働の縮小等)を予定している場合については、収入の関係で「大学院進学後に在学採用で手続きしたほうが有利」となるケースもあります。申請時点での収入による判定になることから、日本学生支援機構で規定する収入額を超えていると、第一種奨学金や入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けられない場合等がありますので、詳細については進学先の専攻に対応している支援室に問合せてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学Webサイトへのリンクです)

また、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、当ページからリンクされているファイルを活用していただくこともできます。ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

▽人間総合科学研究科専用様式:suisenshoken CHS new

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※
※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)

平成31年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第2回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。

なお、予約採用申請時点で有職者のうち、大学院進学に伴って退職(または稼働の縮小等)を予定している場合については、収入の関係で「大学院進学後に在学採用で手続きしたほうが有利」となるケースもあります。申請時点での収入による判定になることから、日本学生支援機構で規定する収入額を超えていると、第一種奨学金や入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けられない場合等がありますので、詳細については進学先の専攻に対応している支援室に問合せてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学Webサイトへのリンクです)

また、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、当ページからリンクされているファイルを活用していただくこともできます。ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

▽人間総合科学研究科専用様式suisenshoken CHS

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※
※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)