第36回 医学系専攻研究セミナーの開催について

第36回医学系専攻研究セミナーが11月9日(火)に開催されます。
下記のページを参照して下さい。

筑波大学:公開セミナー、シンポジウム

医学系専攻ホームページ

平成22年度人間総合科学研究科第3回FDプログラム

日 時:平成22年10月27日(水)14:00~16:15

場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的
本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)の3つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、外部講師として健康科学大学健康科学部学部長の牧野順四郎氏をお招きし、人間総合科学研究科創設の理念と生い立ちについて、特別講演をお願いすることになりました。また、本学附属病院治験管理室の土岐先生に臨床研究に関する倫理指針について講演を行っていただき、さらに研究科内の教員による「e-ラーニング」の模擬授業を実施していただくこととなりました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、各種研究員や助教・講師・准教授・教授等の参加を期待しております。

2.プログラム内容
進行:五十殿 利 治(人間総合科学研究科長)

(1) 特別講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:15~15:15
「人間総合科学研究科の理念と生い立ち」
牧 野 順四郎 (健康科学大学健康科学部学部長)

(2) 「臨床研究に関する倫理指針について」・・・・・・15:15~15:45
土 岐 浩 介 (筑波大学附属病院治験管理室 病院講師)

(3) e-ラーニング模擬授業
授業テーマ「未定」・・・・・・・・・・・・・・15:45~16:15
筒 井 達 夫 (臨床医学系 教授)
※ TF(ティーチング・フェロー)採用への要件として、本プログラムに参加する場合は、開催日に実施されるプログラム内容の全てに出席し、アンケートを提出する必要がありますので注意してください。

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営係(2991、2992)

平成22年度人間総合科学研究科第2回FDプログラム

日 時:平成22年7月7日(水)14:00~17:10

場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的
本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)の3つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
第2回目の今回は、1学期に従事したTAの実績を踏まえて、事後指導としてのFDプログラムを計画しております。
今回は、教育推進部長の講義をはじめ、外部講師として山本眞一氏(広島大学高等教育研究開発センター長)をお招きし、とくに学位プログラム中心の高等教育システムとして現在ヨーロッパで進行中の「ボローニャ・プロセス」について特別講演をお願いすることといたしました。
また、研究科推薦の3人の若手の先生にそれぞれ「モデル授業」を実践していただき、授業実践のための基本的な考え方や教育方法等を習得してもらう機会を設けました。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、各種研究員や助教・講師・准教授・教授等の参加を期待しております。

2.プログラム内容(題名及び講師)
進行:五十殿利治(人間総合科学研究科長)
挨拶:清 水 一 彦(教育担当副学長)

(1) 「学位プログラムを中心とした大学制度」・・・・・14:15~14:30
宮 田 裕 州(教育推進部長)

(2) 特別講演・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:30~15:30
「ボローニャ・プロセスとわが国の高等教育」
山 本 眞 一(広島大学高等教育研究開発センター長)

(3) モデル授業
その1
授業テーマ「グローバル化と人間の安全保障:
先進国および途上国における現状と課題」・・15:40~16:10
柏 木 志 保(ヒューマン・ケア科学専攻 助教)

その2
授業テーマ「細胞周期の調節」・・・・・・・・・ 16:10~16:40
内 木 隆 寛(基礎医学系 助教)

その3
授業テーマ「共生をめぐるジョイントセミナーとそのアウトプット」
16:40~17:10
岡 本 智 周(教育学系 准教授)
*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営係(2991、2992)

感性認知脳科学専攻 入試説明会・研究室見学 平成22年7月1日開催

感性認知脳科学専攻(前期・後期)の入試説明会を下記の日程で開催いたします。
参加申し込みは不要です。お気軽にお越し下さい。

■開催日:平成22年7月1日(木曜日)
■場所:筑波大学 総合研究棟D 1階
■対象:大学生、大学院生、高専専攻科、社会人及び関心のある方
■参加方法:参加申込不要(人数制限、服装指定もありません)

詳しくは感性認知脳科学専攻のウェブサイトにて

第35回 医学系専攻研究セミナーの開催について

第35回医学系専攻研究セミナーが6月22日(火)に開催されます。
下記のページを参照して下さい。
筑波大学:公開セミナー、シンポジウム
医学系専攻ホームページ

平成22年度人間総合科学研究科第1回FDプログラムの開催について

日 時:平成22年5月19日(水)午後2時~4時40分

場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的
今回の企画は、例年通り、TAに採用された大学院生もしくは年度内に採用予定の大学院生、および研究員、助教・講師・准教授・教授等を含めた者を対象としています。  ひとつの眼目は、シラバスについて、基本的な考え方を整理して、教員としてどのように設計するのかを理解し確認することであり、事前指導として教育や授業の改善に直接結びつくFD活動の実践プログラムです。
人間総合科学研究科は多様なディシプリン、多彩な文化から成り立っているだけに、相互の緊密な交流が研究科全体の発展につながります。他組織でどのような優れた取り組みがあるのか。今回は感性認知脳科学専攻の例について紹介していただきます。
現代人はさまざまなストレスにさらされているが、本学においてもメンタルヘルスについてはきわめて重要な問題として認識されており、昨年度も特別な講演会が複数回開催されているところです。今回は、その現状について報告していただきます。

2.プログラム内容(題名及び講師)
進行:五十殿利治(人間総合科学研究科長)
(1)大学院における『領域横断型教育』の実践:感性認知脳科学専攻合宿の成果報告     14:00~14:50
小 川 園 子(人間総合科学研究科・教授)
(2)大学におけるメンタルヘルス-その理解と対応について-
14:50~15:40
堀   孝 文(人間総合科学研究科・准教授)
(3)シラバスの考え方
15:50~16:40
加 藤 光 保(人間総合科学研究科・教授)

3.TF選考までの流れ
研究科では、TAを経験した(もしくは経験している)後期課程(医学課程)大学院生を対象に、本年度2学期以降のTF採用を予定しています。そのためのFDプログラムを、以下のような条件と流れで実施します。
(1)TF採用のための条件
①事前指導としてのFDプログラムへの出席(5月19日)
②事後指導としてのFDプログラムへの出席(7月7日)
③TF申請書及びシラバス等(所定様式)の提出(7月)
(2)TF採用の決定(8月、11月もしくは3月)
(3)TF採用決定後の条件
①FDプログラムへの出席(10月、2月)
②TF申請書等(所定様式)の提出
(4)TF採用の継続の決定(3月)

第34回 医学系専攻研究セミナーの開催について

第34回医学系専攻研究セミナーが5月11日(火)に開催されます。
下記のページを参照して下さい。
筑波大学:公開セミナー、シンポジウム
医学系専攻ホームページ

第34回 医学系専攻研究セミナーの開催について

第34回医学系専攻研究セミナーが5月11日(火)に開催されます。
下記のページを参照して下さい。
筑波大学:公開セミナー、シンポジウム
医学系専攻ホームページ

kansei x tsukuba x design 2 : 2010年3月27日~30日

東京六本木 AXISギャラリーで,kansei x tsukuba x design 展を行います.
感性科学,情報・プロダクトデザインの2010年の作品・研究成果を中心に筑波大学芸術賞,文化庁メディア芸術祭などで評価されたものを展示いたします.

会場:六本木 AXIS ギャラリー(東京都港区六本木5-17-1)
時間:27日:11:00~22:00(18時からギャラリートーク)
28~30日:11:00~19:00(30日は,16時まで)

感性認知脳科学専攻のJorge Carlos Sanabria Zepeta氏(山中敏正教授指導)が、KEER2010にて優秀発表賞を受賞

感性工学と感情研究の国際会議 KEER2010 (Kansei Engineering and Emotion Research 2010)が 3月2日~4日,パリ工科大学,日本感性工学会共催で行われ,25ヵ国から230本の発表がありました.

この中で,論文発表(審査付き)を行った,感性認知脳科学専攻5年生の Jorge Carlos Sanabria Zepeta氏(山中敏正教授指導)が,優秀発表賞(Good Presentation Award)を受賞いたしました.