日本学生支援機構大学院第一種奨学生「特に優れた業績による 返還免除」候補者の募集について

この制度は、平成16年度以降に大学院において日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けた学生で、平成26年度中に貸与が終了した(する)者に対し、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合に、その奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。今年度の申請に当たっては以下のとおりとなりますので、申請希望者は申請書類を取り揃え、対応する支援室学生支援・大学院教務まで提出願います。

 

1.免除申請対象者(①から③のいずれにも該当する者)

① 平成16年度以降に日本学生支援機構大学院第一種奨学金の採用となった者で、平成26年度中に貸与が終了(予定を含む。)した者(在学の有無は問わない。)

・貸与期間満了(予定を含む。)者

・自己都合による退学又は貸与辞退(予定を含む。)者

②「大学院における教育研究活動等」及び「専攻に関連した学外における教育研究活動等」の両方に該当する優れた業績を有する者(どちらか一方のみの業績しかない場合には、申請の対象とはなりません。)

③ 返還誓約書を提出済の者(退学又は貸与辞退者については、提出予定の者も含む。その者は、返還誓約書を受領後、速やかに作成し提出してください。提出時期によっては免除候補者として推薦された場合であっても、免除の対象とならない場合があります。)

 

2.申請書類

① 業績優秀者返還免除申請書

② 大学院における成績証明書(原本)

③ 特に優れた業績を証明する書類(学位論文等そのものの写しは必要ありません。)

(A4サイズに統一してコピーしたものを3部添付すること。無い場合には推薦の対象とはなりません。)

「業績を証明する書類」の右上に、業績の種類、大学院における教育研究活動等に関する業績または専攻に関連した学外における教育研究活動に関する業績を記入してください。(記入例 1号-① と「業績を証明する書類」の右上に記入)

④ 本人の業績について

⑤ 返還誓約書(未提出者のみ)

 

3.申請書配付

対応支援室学生支援・大学院教務・教務係

 

4.提出期限

平成27年 3月 4日(水) 厳守

 

5.提出場所

対応支援室学生支援・大学院教務

 

6.その他

① 平成15年度以前から日本育英会奨学金の貸与を受けている者は、この制度には申請が出来ませんので注意してください。その者は、従前どおりの「教育・研究職に一定期間以上在職した場合」に返還免除制度が適用されます。

② 提出された「特に優れた業績を証明する書類」は返却できません。必ずコピーを提出してください。また、学位論文そのものの写しを提出する必要はありません。

③ 特に優れた業績の種類等については、別表のとおりです。

平成26年12月16日

筑波大学長

2-①業績返還免除申請書(記入例)(学生配付用) 2-①業績優秀者返還免除申請書 2-④本人の業績について(学生配付用) ⑥-3返還免除学内選考要領第5項関係別表(A3版)(平成26年 4月18日改正)20141209

平成27年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第3回募集について

このことについて募集を行います。
入学後の採用では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。
また、早期に受給が決まり安心して進学できるようになることと思われます。

専攻ごとの実施の有無については下記HPに掲載しておりますので、奨学金を申請する予定のある方はご応募ください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学HPへのリンクです)

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室(上記HP参照)

平成26年度人間総合科学研究科第3回FDプログラムが開催されました

10月8日(水)14:00から総合研究棟D116公開講義室において、平成26年度人間総合科学研究科第3回FDプログラムを開催しました。
今回のテーマは、形だけの、見かけだけのダーバーシティ、男女共同参画ではなく、「真のダイバーシティ実現とは?」について詩人で社会学者の水無田気流氏、セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク代表の原ミナ汰氏にご講演いただきました。
共生、ジェンダー、LGBT、フェミニズム等現代社会が抱える様々な状況について、踏み込んだ内容で、聞き応えのあるプログラムでした。
質疑応答も活発に行われ、約50名の参加者からは、是非また聴講したいという声が多くありました。

 

水無田気流氏

水無田気流氏


原ミナ汰氏

原ミナ汰氏

 

ヒューマン・ケア科学専攻の小坂雅人さん(近藤正英准教授)が日本保険医学会努力論文として表彰

ヒューマン・ケア科学専攻保健医療政策学分野に在学中の小坂雅人さん(指導教員:近藤正英准教授、分野長:大久保一郎教授)の論文(小坂 雅人, 近藤 正英, 大久保 一郎.がん検診受診率の向上が死亡保険金に与える影響(原著論文).日本保険医学会誌(0301-262X)112巻1号Page30-42(2014.03))が日本保険医学会努力論文に選ばれ、日本保険医学会第111回定時総会(2014年10月9-10日.東京)において表彰式が行われました。

平成26年度人間総合科学研究科第3回FD プログラム:平成26年10月8日(水)開催

H26第3回FDポスター日 時:平成26年10月8日(水)14:00~16:30

場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的
本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)の3つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、形だけの、見かけだけのダイバーシティ、男女共同参画ではなく、「真のダイバーシティ実現とは?」について、詩人・社会学者の水無田気流氏、セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク代表理事の原ミナ汰氏にご講演いただき、『これからの社会における「真のダイバーシティの実現」』のために必要な事、そのための行動について参加者とともに考えたいと思います。
これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員や各種研究員及び学内の希望者の参加を期待しております。

2.プログラム内容
挨拶:金保 安則(人間総合科学研究科長)
進行:庄司 一子(人間総合科学研究科教授)
コメンテーター:幅崎 麻紀子(ダイバーシティ推進室副室長)

(1)「多様な生き方、多層の幸福―ジェンダー・ダイバーシティ・ワークライフバランス―」
・・・・・・14:00~15:00
水無田 気流(みなした きりう)氏〈詩人、社会学者、立教大学兼任講師〉

(2)「LGBTはいつまで想定外の存在か?~多様な性別、多様な絆をつつみこめる社会の設計に向けて~」

・・・・・・15:00~16:00
原 ミナ汰(はら みなた)氏〈NPO法人共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国
ネットワーク代表理事、翻訳家。性別はXジェンダー〉

*問合せ*筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営担当(2991)

平成27年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第2回募集について

このことについて募集を行います。
入学後の採用では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。
また、早期に受給が決まり安心して進学できるようになることと思われます。
専攻ごとの実施の有無については下記HPに掲載しておりますので、奨学金を申請する予定のある方はご応募ください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学HPへのリンクです)

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室(上記HP参照)

2014年 人間総合科学研究科 学生の集い

学生の集い2014  平成26年7月16日15時から学内の筑波大学野生の森において、体育系坂本昭裕教授及び野外運動研究室のスタッフのサポートにより、学生の集いが開催されました。
  梅雨の時期にも関わらず天候に恵まれ、自然の中での野外運動や初夏のメニューでのバーベキューパーティーで専攻や研究分野を越えて交流を深めました。
  昼の部の野外運動では、グループ単位での交流に、学長及び副学長が職務の合間をぬってお越しくださいました。
  夜の部のバーベキューパーティーでは、世話人が企画した出身地域別での自己紹介等もあり、リラックスして交流し、たくさんの笑顔が印象的な集いとなりました。

第5回ヒューマン・ハイ・パフォーマンスセミナー 「Acute and adaptive effects of dehydration and heat stress(脱水及び暑熱ストレスの急性及び適応効果)」

第5回ヒューマン・ハイ・パフォーマンスセミナー

「Acute and adaptive effects of dehydration and heat stress(脱水及び暑熱ストレスの急性及び適応効果)」

日時: 2014年8月6日(水)16:00〜

場所: 筑波大学5C606

第5回セミナーポスター(Cotter先生)m 第5回セミナーポスター(Cotter先生)

 

講演内容: 

Cotter博士は、環境・運動生理学研究の世界的権威です。上記研究テーマの他に、マラソンより長い距離・時間のいわゆるウルトラエンデュランス競技に関する生理学的研究や過酷な環境での水分摂取に関する研究など、を幅広く行っています。今回は、ヨーロッパでの共同研究、学会参加からの帰国途中の来日で、講演においては、暑熱環境下での脱水に関する生理的反応についてお話しいただく予定です。海馬は記憶・学習を中心的に担う脳部位である。海馬の中でも歯状回では、生涯に渡って新しい神経が生まれており、さらに運動によってこれが促進されることから、運動と神経科学に関する研究分野でも特に関心が集まっている。記憶・学習に際して、海馬歯状回が特異的に担う機能として「パターン分離」がある。これはものごとの違いをより明確にして記憶するために必要な機能で、これまでヒトでこの機能を評価することは難しかった。Michael Yassa 博士は、日常的なアイテムの写真を使ってパターン分離機能を測定する認知課題を開発。加齢や軽度認知症(MCI)、アルツハイマーに伴う海馬歯状回の機能変化について、高解像fMRI を駆使して研究を進める新進気鋭の研究者である。本セミナーでは、fMRI を用いたヒトでの研究を中心に、海馬が担う記憶・学習のメカニズムについて講演する。

講師: James Cotter, PhD.
Associate Professor, School of Physical Education, University of Otago, New Zealand.

世話人:西保 岳

※参加費無料

※学外の方は事前の申込みが必要です
学外者の参加申込みはメール→humanhighperformance”◎”gmail.com にメールにてお願いします。

※筑波大学関係者は学生証、職員証をお持ちください

お問い合わせ:HHP事務局 松田佐保 matsuda.saho.ga”◎”un.tsukuba.ac.jp

※”◎”は@に置き換えてください

第4回ヒューマン・ハイ・パフォーマンスセミナー開催のお知らせ 「Brain mechanisms underlying learning and memory ~ human hippocampus imaging by high-resolution fMRI ~」

第4回ヒューマン・ハイ・パフォーマンスセミナー

「Brain mechanisms underlying learning and memory  ~ human hippocampus imaging by high-resolution fMRI ~」

日時: 2014年7月22日(火)15:30〜

場所: 筑波大学5C406

第4回セミナーポスター(Yassa先生)第4回セミナーポスター(Yassa先生)第4回セミナーポスター(Yassa先生)

 

講演内容: 

海馬は記憶・学習を中心的に担う脳部位である。海馬の中でも歯状回では、生涯に渡って新しい神経が生まれており、さらに運動によってこれが促進されることから、運動と神経科学に関する研究分野でも特に関心が集まっている。記憶・学習に際して、海馬歯状回が特異的に担う機能として「パターン分離」がある。これはものごとの違いをより明確にして記憶するために必要な機能で、これまでヒトでこの機能を評価することは難しかった。Michael Yassa 博士は、日常的なアイテムの写真を使ってパターン分離機能を測定する認知課題を開発。加齢や軽度認知症(MCI)、アルツハイマーに伴う海馬歯状回の機能変化について、高解像fMRI を駆使して研究を進める新進気鋭の研究者である。本セミナーでは、fMRI を用いたヒトでの研究を中心に、海馬が担う記憶・学習のメカニズムについて講演する。

講師: Michael A. Yassa, Ph.D. (Assistant Professor)Neurobiology and Behavior,University of California, Irvine,CA

http://faculty.sites.uci.edu/myassa/

世話人:征矢 英昭

※参加費無料

※学外の方は事前の申込みが必要です
学外者の参加申込みはメール→humanhighperformance”◎”gmail.com にメールにてお願いします。

※筑波大学関係者は学生証、職員証をお持ちください

お問い合わせ:HHP事務局 松田佐保 matsuda.saho.ga”◎”un.tsukuba.ac.jp

※”◎”は@に置き換えてください

平成26年度人間総合科学研究科第2回FDプログラム:平成26年7月9日(水)開催

第2回FDポスター日 時:平成26年7月9日(水)14:00~15:20
場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的
本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)-TP(Teaching Professor)の3つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。
今回は、大学院教育をテーマとして、教育推進部教育機構支援課課長・羽染宗昌氏及び教育企画室室長・佐藤忍先生に講演していただくこととしました。

これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、各種研究員や助教・講師・准教授・教授等の参加を期待しております。

 

2.プログラム内容

挨拶:金 保 安 則(人間総合科学研究科長)

(1)「国立大学改革と筑波大学のスーパーグローバル大学事業につい て」 ・・・・14:00~14:40
羽 染 宗 昌(教育推進部教育機構支援課課長)

(2)「筑波大学の大学院教育の将来像」  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14:40~15:20
佐 藤 忍(教育企画室室長・生命環境系教授)

*問合せ* 筑波大学大学院人間総合科学研究科 研究科運営担当(2991)

平成26年度人間総合科学研究科FDプログラム実施日程