平成28年度日本学生支援機構大学院第一種奨学生「特に優れた業績による返還免除」候補者の募集について

この制度は、平成16年度以降に大学院において日本学生支援機構の第一種奨学金の貸与を受けた学生で、平成28年度中に貸与が終了した(する)者に対し、在学中に特に優れた業績を挙げた者として日本学生支援機構が認定した場合に、その奨学金の全部又は一部の返還が免除される制度です。申請希望者は下記HPに詳細及び申請書類等を掲載しておりますので、申請書類を取り揃え、対応する支援室の学生支援・大学院教務まで提出願います。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html

長期履修制度について

 

 人間総合科学研究科の一部の専攻では、長期履修制度を導入しています。

長期履修制度とは、職業等に従事しながら学習を希望する人々の学習機会を一層拡大する観点から、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修したい旨の申し出があった場合は、個別審査のうえ、その計画的な履修を認めることができる制度です。

対象者は、職業を有していること等により、通常の修業年限在学する学生よりも1年間に修得可能な単位数等が限定されることから、通常の修業年限内での課程修了が困難な者で、課程を修了するにあたり、予め修業年限を超えて計画的に教育課程を設定することを希望するものが対象となります。「人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて」(※1)をご確認いただき、別表1に該当する専攻の学生で、当制度に申請を希望する者は、指導教員等に相談し了承を得た上で、申請してください。

申請には、申請様式(※2)をダウンロードしてお使いください。

 

※1:人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて1_toriatukai

 

※2:申請様式 (長期履修申請書、長期履修計画書、証明書類貼付用紙)2_form

平成29年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第3回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者(予約採用で第3回募集の書類提出期限までに大学院入試が済んでいない専攻については、当該専攻への入学希望者)で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho(本学Webサイトへのリンクです)

なお、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、このページにリンクされているファイルを活用していただくこともできます。

ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

suisenshoken_h29

*問合せ*

筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※

※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)

平成28年度 人間総合科学研究科第3回FDプログラム:平成28年11月8日(火)開催

%e3%80%90poster%e3%80%91%e7%ac%ac3%e5%9b%9efd%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%a0_20161108%e9%96%8b%e5%82%ac

 

本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

私たちは心理的なストレス、疲労、悩みの中で生活しています。それゆえ、自分自身のメンタルヘルスについての理解と対処はもちろんのこと、友人の、指導学生の、そして家族など身近な人たちのメンタルヘルスに関心を持つ必要があります。今回は本研究科でメンタルヘルスについて研究されているお二人の先生に講師をお願いしました。

これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学内の希望者の参加を期待しております。

◆テーマ:学生のメンタルヘルス

◆日時 :平成28年11月8日(火) 14:00~16:00

◆場所 :筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

◆プログラム

14:00-14:05 講師紹介 園山 繁樹 研究科長

14:05-14:55 「学生のメンタルヘルスと対話」 斎藤 環 教授(ヒューマン・ケア科学専攻)

15:00-15:50 「学生相談からみた学生のメンタルヘルス」 杉江 征 教授(ヒューマン・ケア科学専攻、保健管理センター)

◆問合せ:人間総合科学研究科運営担当

◆主催 :人間総合科学研究科

◆共催 :ヒューマン・ケア科学専攻

 

◆講師を囲んでの茶話会が、16時から17時に開催いたします。

 

平成29年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第2回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho(本学Webサイトへのリンクです)

*問合せ*

筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※

※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)

2016年度人間総合科学研究科学生の集いを開催しました:平成28年7月22日(金)開催

人間総合科学研究科主催による学生の集いを、平成28年7月22日(金)15時から学内にある野性の森(野外活動実習場)において、研究科所属の大学院生が世話人となり、筑波大学野外運動研究室の坂本昭裕教授及びスタッフのサポートにより開催しました。

この学生の集いは、研究科内学生のメンタルヘルス対策の一環として、28専攻の垣根を超えて、学生同士で自由に相談できるシステムを構築するため、平成25年度より開催しており、今年度で4回目の開催となり、56名の大学院生が参加しました。

天候にも恵まれ、昼の部のレクリエーションや夜の部のアウトドアパーティーなど、専攻や研究分野を越えてコミュニケーションを深め、たくさんの笑顔が印象的な集いとなりました。

平成28年度 人間総合科学研究科第2回FDプログラム:平成28年7月20日(水)開催

◆日時:平【Poster】第2回FDプログラム成28年7月20日(水) 14:00~16:00

◆場所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

 

テーマ:はばたけ、世界へ。

趣旨:世界で活躍できる人材養成は本研究科の大きな柱の1つである。

今回は研究科で支援を行った「武者修行型学修派遣支援」による成果を大学院生2名に報告してもらい、海外に出ていくことの意義を共有する。

また、この5月に紫綬褒章を受章された本学国際統合睡眠医科学研究機構長で本研究科教授(生命システム医学専攻)である柳沢正史教授にこれまでの研究の歩みを講演いただき、世界を舞台に研究することの意義を共有する。

 

【第1部】「人間総合科学研究科武者修行型学修派遣支援事業」報告

14:00-14:05 挨拶と趣旨説明 園山繁樹研究科長

14:05-14:25 「フィンランドにおける交通街づくりの実態調査」 櫻井祐輔(芸術(後期)2年)

14:25-14:45 「テュービンゲンとケルンにおける森の幼稚園の実地調査」 後藤みな(学校教育学2年)

 

【第2部】  講演会

14:45-14:50 講師紹介 園山繁樹研究科長

14:50-15:40 「私の研究の歩み―睡眠研究との出会いと世界を舞台にした研究―」

柳沢正史氏 (国際統合睡眠医科学研究機構長、生命システム医学専攻教授)(紫綬褒章受章 2016年春)

15:40-16:00 質疑応答

*問合せ* 筑波大学人間総合科学研究科運営担当  電話:029-853-2991/2996 

スポーツ国際開発学共同専攻(修士課程)説明会:平成28年6月24日(金)開催

スポーツ国際開発学共同専攻(修士課程)の説明会を下記のとおり開催いたします。

スポーツと国際開発に興味があり、修士号の取得を検討しているという方は、ぜひご

参加ください。

 

日時:平成28年6月24日(金)18:00~19:00(18:00受付開始)

場所:筑波大学東京キャンパス文京校舎1階 121講義室

内容:・カリキュラムについて

・入学試験について

・質疑応答

・個別相談

 

申込:参加希望の方は専攻ホームページの問い合わせフォームより、件名を「専攻説

明会参加申込」と入力のうえ、本文に氏名と所属を記載し、事前にお申し込みくださ

い。当日受付も可。

 

詳細は専攻ホームページをご覧ください。

http://tkjids.taiiku.tsukuba.ac.jp/archives/1189

160624 スポーツ国際開発学説明会

平成28年6月19日(日)大学体育スポーツ高度化共同専攻(3年制博士課程)の進学相談会を開催します!

大学体育・大学スポーツにおける学術的職業人としての体育教員の養成と高度化の推
進を目的として、大学体育スポーツ高度化共同専攻を筑波大学と鹿屋体育大学の共同で
開設します。本専攻の修了により「博士(体育スポーツ学)」の学位が取得できます。
この度、本専攻の進学相談会を下記の通り実施します。現職を有しながらの履修にも
配慮したカリキュラムですので、大学体育や大学スポーツにおける実践研究に関心があ
る方、博士号の取得を検討している方は是非ご参加ください。

 

人間総合科学研究科

専攻:3年制博士課程 大学体育スポーツ高度化共同専攻

日時:平成28年6月19日(日) 17:10~18:00(17:00受付開始)

場所:筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 6階 652ゼミ室

その他:参加希望の方は下記まで事前に連絡をしてください。(当日参加も可)

大学体育スポーツ高度化共同専攻担当 daigakuin.taigeiss#@#un.tsukuba.ac.jp (#@#を@に置き換えてください)

詳しくは、専攻ウェブサイトをご覧ください。

http://kododaigaku.taiiku.tsukuba.ac.jp/archives/1363

 

○入試情報
出願期間:2016年 8月29日(月)~ 9月2日(金)
試験日程:2016年 9月25日(日)
入試会場:筑波大学 東京キャンパス
合格発表:2016年10月 6 日(木)
○アクセス
〒112-0012
東京都文京区大塚3-29-1
東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」下車[出口1]
徒歩5分

大学体育スポーツ高度化共同専攻(3年制大学院)進学相談会

 

平成28年度 人間総合科学研究科第1回FDプログラム:平成28年6月1日(水)開催

◆日 時:平成2【poster】平成28年度第1回人間総合科学研究科FDプログラム8年6月1日(水)14:00~16:00

◆場 所:筑波大学 総合研究棟D D116(公開講義室)

1.趣旨・目的

本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)の2つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

今回は、TFとして授業に臨むときの姿勢や必要なスキル等について、人間系専攻、体育系専攻、芸術系専攻の先生方に、モデル授業を実施していただくことになりました。

これまでと同様に、TFになった院生、TFをめざす院生のほか、教員及び学内の希望者の参加を期待しております。

 

2.プログラム内容

進行:園山 繁樹(人間総合科学研究科長)

 

モデル授業

その1  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  14:00~14:40

授業テーマ:「医学概論Ⅱ 医学・医療ニュースを読み解くための基礎知識」

塩川 宏郷(障害科学専攻・准教授)

その2  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  14:40~15:20

授業テーマ:「Advanced Coach Education; スポーツコーチングの国際的枠組み -米国大学スポーツの事例-」

松元 剛(コーチング学専攻・准教授)

その3  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・  15:20~16:00

授業テーマ:「湯島聖堂本尊孔子像彩色復元研究を通して」

程塚 敏明(前期芸術専攻・准教授)

 

*問合せ* 筑波大学 人間総合科学研究科 運営担当  電話:029-853-2991/2996

【poster】平成28年度第1回人間総合科学研究科FDプログラム