長期履修制度について(在学生対象)

 人間総合科学研究科では、長期履修制度(注)を導入しており、その取扱いは「人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて」(※1)の通りとなっています。

 対象となる専攻の学生で、当制度の申請を希望する者は、取扱いをご確認いただき、申請書類(※2)を準備の上、指導教員・所属専攻長等へ事前に相談し了承を得てから申請してください。
 平成31年度からの適用を希望する場合の申請期限は平成31年1月31日(木)です。ただし、各専攻により事前相談等の期限を設けている場合がありますので専攻からの案内をよく確認してください。

 また、既に長期履修が認められた学生で許可された期間を変更しようとする者は、申請書類(※3)を準備の上、指導教員・所属専攻長等へ事前に相談し了承を得て申請してください。申請期限については、取扱いをご確認ください。

 そのほか、長期履修制度について不明な点がある場合には所属専攻の事務担当者へ連絡してください。

※1:人間総合科学研究科における長期履修に関する取扱いについて
※2:新規申請様式(長期履修申請書、長期履修計画書、証明書類貼付用紙)
※3:変更申請様式(長期履修計画変更願、長期履修変更計画書、証明書類貼付用紙)

○対象専攻
・修士課程
 フロンティア医科学専攻、スポーツ健康システム・マネジメント専攻
・博士前期課程
 看護科学専攻、教育学専攻、心理専攻、障害科学専攻、感性認知脳科学専攻、体育学専攻、芸術専攻、世界遺産専攻
・博士後期課程
 看護科学専攻、教育基礎学専攻、学校教育学専攻、心理学専攻、障害科学専攻、感性認知脳科学専攻、体育科学専攻、世界文化遺産学専攻
・3年制博士課程
 ヒューマン・ケア科学専攻
・医学を履修する課程
 生命システム医学専攻

(注)長期履修制度
 職業等に従事しながら学習を希望する人々の学習機会を一層拡大する観点から、標準修業年限を超えて一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修したい旨の申し出があった場合は、個別審査のうえ、その計画的な履修を認めることができる制度です。
 対象者は、職業を有していること等により、通常の修業年限在学する学生よりも1年間に修得可能な単位数等が限定されることから、通常の修業年限内での課程修了が困難な者で、課程を修了するにあたり、予め修業年限を超えて計画的に教育課程を設定することを希望する者です。

平成31年度入学2月期大学院入試の募集要項を掲載しました

平成31年度入学2月期大学院入試の募集要項を掲載しました
詳細は次のリンク http://www.ap-graduate.tsukuba.ac.jp/ をご覧ください。

平成31年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第3回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者(予約採用で第3回募集の書類提出期限までに大学院入試が済んでいない専攻については、当該専攻への入学希望者)で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。ただし、第2回募集対象の専攻については、入学内定者・追加募集での受験予定者を問わず今回は手続き対象外となりますので、第2回募集時の手続き漏れ者は進学後「在学採用」に申込んでください。

なお、予約採用申請時点で有職者のうち、大学院進学に伴って退職(または稼働の縮小等)を予定している場合については、収入の関係で「大学院進学後に在学採用で手続きしたほうが有利」となるケースもあります。申請時点での収入による判定になることから、日本学生支援機構で規定する収入額を超えていると、第一種奨学金や入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けられない場合等がありますので、詳細については進学先の専攻に対応している支援室に問合せてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学Webサイトへのリンクです)

また、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、当ページからリンクされているファイルを活用していただくこともできます。ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

▽人間総合科学研究科専用様式:suisenshoken CHS new

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※
※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)

第6回「スポーツ国際開発」国際シンポジウム開催のお知らせ

スポーツ国際開発学共同専攻では、スポーツを通じた国際開発に関する知見の共有および国内外のネットワーク構築を目的として、2018年12月15日(土)に第6回目となる「スポーツ国際開発」国際シンポジウムを開催します。
本シンポジウムでは、国内外から招いたジェンダー、障がい者、環境の専門家が、持続可能な開発目標(SDGs)達成にスポーツがどのように貢献できるのかについて講演します。
各分野についての講演だけでなく、ワークショップも開催し、研究者や実践者の枠を超えた活発な議論が展開される予定です。参加費は無料で、同時通訳がつきます。

日時:平成30年12月15日(土) 10:00~16:30 (9:30受付開始)

場所:筑波大学 東京キャンパス 134講義室(東京都文京区大塚3-29-1) 

アクセス:筑波大学東京キャンパスへは「東京キャンパス文京校舎への交通アクセス」をご覧ください。
http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

内容:
1. 開会 (10:00)

2.基調講演(10:05~10:40) Dr. Maarten van Bottenburg(Utrecht University)
“Promises, Problems and Complexities: the contribution of sport to sustainable development goals”

3. 講演 (10:40~12:10)
– Ms. Sneh Gupta (Indiability)
“Mixed Ability Events: From Discrimination to Inclusion”

– Mr. Haruki Sawada(Green Sports Alliance Japan)
“It is SPORT who leads sustainability and innovation from now on”

– Dr. Holly Thorpe (University of Waikato) “The power and potential of action sports for gender development”

お昼休憩(12:10~13:10)

4. パネルディスカッション
Cross-cutting issues and approaches to achieve SDGs through sport

5. 若手研究者発表 (13:55~14:20)

6. ワークショップ (14:50~16:25)
 SDGs達成に向けたスポーツを通じたプロジェクトを考える

7.閉会 (16:25~16:30) 本田靖 (筑波大学スポーツ国際開発学共同専攻専攻長)

本シンポジウムにご出席いただけます場合には,スポーツ国際開発学共同専攻ウェブサイトよりお申し込み,または下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先
担当者:筑波大学体育系研究員 坂口 麻衣(さかぐち まい)
E-mail:sakaguchi.mai.gt#@#u.tsukuba.ac.jp(#@#を 「@」 に置き換えてください)
電話/FAX:029-853-8765

専攻HP
日本語:http://tkjids.taiiku.tsukuba.ac.jp/
英語:http://tkjids.taiiku.tsukuba.ac.jp/en/

大学院修士課程国際連携食料健康科学専攻(2019年9月入学)の募集要項(第二次募集)を公開しました

【日本語版】
大学院修士課程国際連携食料健康科学専攻(2019年9月入学)の募集要項(第二次募集)を公開しました。
リンク先: http://www.gip.tsukuba.ac.jp/admissions/index.html#admissions-002

【英語版】
International Joint Degree Master‘s Program in Agro-Biomedical Science in Food and Health (Enrollment for September 2019): Admission Guidelines (Secondary Recruitment) are now available.
link: http://www.gip.tsukuba.ac.jp/english/admissions/index.html#admissions-002

平成30年度人間総合科学研究科第3回FDプログラム:平成30年10月31日(水)開催

◆日時 平成30年10月31日(水) 14:00~16:00
◆場所 筑波大学 総合研究棟D116(公開講義室)
1.趣旨・目的
平成32年度からの導入が予定されている学位プログラム制。
今回は,「学位プログラムとは何か」をテーマに,今一度,その導入の意義,仕組み,移行に際しての課題などを,大学を代表して文部科学省との折衝に臨まれている,沼田 治先生(学長特別補佐,学位プログラム担当)にご講演していただくことにしました。大変重要かつ貴重な内容をお話しいただけると思いますので,教職員はもちろん,院生(特に,TFの資格を取得した者やTFを目指す者)の多数の参加を期待いたします。
2.プログラム
挨拶 : 内山 治樹(人間総合科学研究科長)     ・・・・・・・ 14:00
筑波大学大学院の教育改革
  -学際性と国際性に対応する学位プログラム制へ-  沼田 治 先生
                       ・・・・・・・ 14:05~15:30                     
  質疑応答     ・・・・・・・ 15:30~16:00

*問合せ*人間総合科学研究科運営担当
(電話:029-853-2991・2996)

講演会「有森裕子さんに聞く『スポーツと国際開発』」および、シンポジウム「スポーツにおけるSDGsへの取り組み」のご案内




講演会「有森裕子さんに聞く『スポーツと国際開発』」および、シンポジウム「スポーツにおけるSDGsへの取り組み」のご案内
(Tsukuba Global Science Week 2018; https://tgsw.tsukuba.ac.jp/

Tsukuba Global Science Week 2018のメインプログラムとして、本部TGSW推進ユニットとスポーツ国際開発学共同専攻、TIASの共同開催にて、スポーツ国際開発に関する講演会及びシンポジウムを開催します。
講演会では、バルセロナ五輪女子マラソン銀メダルの有森裕子氏とテレビ朝日スポーツコメンテーターの宮嶋泰子氏が登壇。トップアスリートのスポーツを通じた国際開発における役割などについてお話しいただきます。
シンポジウムでは米国の大学スポーツにおけるジェンダー平等を中心としたSDGs(持続可能な開発目標)に対する事例などを紹介します。是非ご参観くださいますようお願い申し上げます。



1.日時:
平成30年9月20日(木)
講演会:11:30~12:30
シンポジウム:14:00~17:00

2. プログラム:下記をご参照ください。
https://tgsw.tsukuba.ac.jp/program

3. 会場:
つくば国際会議場
〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-20-3
URL: http://www.epochal.or.jp
TEL: 029(861)0001

4.お申し込み:
https://peatix.com/event/386078
申し込みの際は【セッションNo. 1-2】を選択してください。

※入場は無料です。前日までにお申し込みください。当日受付も可能です。
※本プログラムには同時通訳が付きます。

5.お問合せ先:
髙橋美穂子(筑波大学体育系 研究員)
takahashi.mihoko.gm@u.tsukuba.ac.jp

平成31年度日本学生支援機構大学院(第一種・第二種)奨学生予約採用の第2回募集について

このことについて募集を行います。入学後の申込み手続き(在学採用)では奨学金の振込みが6月以降になりますが、入学前に採用候補者を決める予約採用では4月からの振込みも可能となります。また、早期に奨学金の貸与が決まることから、安心して進学できるようになること等の利点があります。

専攻ごとの実施の有無や実施の時期等については、以下のサイトに掲載しておりますので、実施対象となっている専攻への入学内定者で奨学金を申請する予定がある場合には、この機会に申込み手続きをしてください。

なお、予約採用申請時点で有職者のうち、大学院進学に伴って退職(または稼働の縮小等)を予定している場合については、収入の関係で「大学院進学後に在学採用で手続きしたほうが有利」となるケースもあります。申請時点での収入による判定になることから、日本学生支援機構で規定する収入額を超えていると、第一種奨学金や入学時特別増額貸与奨学金の貸与を受けられない場合等がありますので、詳細については進学先の専攻に対応している支援室に問合せてください。

http://www.tsukuba.ac.jp/campuslife/jasso.html#grad_yoyakukouho
(本学Webサイトへのリンクです)

また、指導教員推薦所見については、手続き書類の配付の際に印刷したものを添付しますが、指導教員が所見の文面を電子媒体で作成される場合には、当ページからリンクされているファイルを活用していただくこともできます。ただし、指導教員の自筆署名と押印が必要となりますので、併用貸与の区分で申請する場合(2部提出)には特に注意してください。

▽人間総合科学研究科専用様式suisenshoken CHS

*問合せ*
筑波大学大学院人間総合科学研究科 対応支援室 ※
※進学先の専攻によって対応支援室が分かれています(上記Webサイト参照)

芸術専攻(博士前期課程)進学に関する窓口の開設について:平成30年8月4日(土)

「平成30年度 受験生のための筑波大学大学説明会」に於いて、本学大学院(博士前期課程芸術専攻)進学に関する窓口を開設します。
日時:2018年8月4日(土)13:30~15:00
場所:体育芸術エリア 6A棟2階
詳細は次のリンク https://www2.geijutsu.tsukuba.ac.jp/master/583 をご覧ください。

大学院修士課程国際連携食料健康科学専攻(平成31年9月入学)の募集要項を公開しました。

【日本語版】
大学院修士課程国際連携食料健康科学専攻(平成31年9月入学)の募集要項を公開しました。
リンク先: http://www.gip.tsukuba.ac.jp/admissions/index.html#admissions-002

【英語版】
International Joint Degree Master‘s Program in Agro-Biomedical Science in Food and Health (Enrollment for September 2019): Admission Guidelines are now available.
リンク先: http://www.gip.tsukuba.ac.jp/english/admissions/index.html#admissions-002