令和2年度人間総合科学学術院・研究科 第4回FDプログラム :令和3年2月17日(水)~開催

日  時:令和3年2月17(水)14:00

実施方法:学習管理システム(manaba)にてオンデマンド配信。

      2月17日(水)~2月26日(金)の期間、いつでも視聴可。

      視聴後に、Web上でのアンケート調査を実施します

1.趣旨・目的

 本企画は、TA(Teaching Assistant)-TF(Teaching Fellow)つのレベルから構成されるFDの組織化・制度化を指向し、未来型の大学人育成のためのFD活動を実践しようとするものです。

 すでに3回FDプログラムを実施、本学術院・研究科教員によるモデル授業や講演のほか、院生による研究科武者修行型学修派遣支援の成果報告などを行ってきました

    第4回目に当たる今回は学術院・研究科TF優秀賞名の院生それぞれ「TF公開授業」を実践してもらいま

 これまでと同様にオンデマンド配信となりますが、TFなった院生、TFをめざす院生のほか教員、各種研究員の幅広い参加を期待しております。

 

プログラム

進行:内山 治樹人間総合科学学術院長・研究科長)

 

(1) TF公開授業

①田中 圭(ヒューマン・ケア科学専攻)       

   「子どものうつと行動活性化療法

②古谷 美也子(芸術専攻)       

   「絵画を文章で伝える俵屋宗達の作品解説についてー」 

③深見 利佐子(世界文化遺産学専攻)    

   「歴史的煉瓦造の文化財の保存と事例

(2) D大賞プレゼンテーション

           芸術専攻・芸術学学位プログラム

(3) 表彰式

   TF優秀学生表彰式

    研究科FD大賞FD奨励賞授賞式

*問合せ*

筑波大学大学院人間総合科学学術院・研究科 運営担当(2991)

 

令和2年度人間総合科学学術院・研究科 第3回FDプログラム :令和2年10月28日(水)~開催

◆日  時 : 令和2年10月28日(水)14:00~

 ◆実施方法 : 学習管理システム(manaba)にてオンデマンド配信。

   月2(水)~11月6日(金)の期間、いつでも視聴可。

   視聴後に、Web上でのアンケート調査を予定。

 

1.目的

  本学術院を特徴づける「学際性」の理解向上と「学際的   研究」の促進に寄与する。

2.プログラム

挨 拶 「テーマ・趣旨説明」

                   人間総合科学学術院研究群長

                      内山 治樹

 第1部 先駆的取組み紹介

     「情報学の学び

     副学術院長・情報学学位プログラムリーダー 

                      佐藤 哲司 

 第2部 学際的研究の先端事例紹介

     「子どもの攻撃行動の基礎研究と臨床実践  ー学際的アプローチに向けてー」

         ヒューマン・ケア科学学位プログラム

                      濱口 佳和

     「遺伝子ドーピングの検出法開発

                     スポーツ医学学位プログラム

                      竹越 一博

教職員・院生(特に,TFを目指すTA)だけではなく、大学院進学を考えている学生の参加も歓迎します。

問合せ:人間総合科学学術院・研究科運営担当(029-853-2991・2996)